消費者金融と銀行は全く別物

お金を借りる、借入先に候補に挙がるのは銀行でしょうか。最近ひっきりなしにコマーシャルを流したり看板でその名前を目にする機会が多くなっている消費者金融でしょうか。
もちろんその両方正解で、どちらからもお金を借り入れて、そのお金を目的別に利用することができます。
どちらでお金を使えば良いのか、どちらがより優れているのかは簡単に決めることはできませんが、どちらの方が目的に合っているのかを決めるのは難しくありません。


消費者金融はより生活圏に近い

単純に、消費者金融の店舗、カードローンの契約機はいつもあなたが利用している駅前にあることが多く、より生活圏に近いと言えます。
もう一つ大きな特徴は、審査にあります。消費者金融、銀行のカードローンは審査申し込みをして利用可能な状態にならないと利用できませんが、その審査の通りやすさ、審査基準の低さでより使いやすいのは消費者金融です。
急な出費の対応にはプロミスの即日キャッシングがおすすめ→プロミス審査


銀行は金利が低い

銀行のカードローン、その他ローンは消費者金融に比べると低いです。そのため、審査基準も少し難しくなっており、きちんと社会的地位を築いており、ある程度の安定感を持っている人でないと利用することができないかもしれません。
どちらが自分に合っているのか、どれを使うのか、しっかり比較しましょう。